楽しく読書感想文に取り組むためのとっておきの質問と本の選び方

読書感想文の本の選び方

「読書感想文があるみたいだけど、読みたい本ってないの?」と子供に聞いても、大概の子供は読みたい本がないと思います。

だって、「読書感想文=面倒くさい」と考えている子供が大半なんですから。

僕たち大人もそうですよね。人は興味があることには積極的になります。でも、興味がないことに関しては消極的になってしまいがちですよね。

あなたも、子供の読書感想文を楽しく書かせるミッションを掲げているので、このコンテンツをご覧頂いていることだと思います。

もしも、読書感想文を書く必要性がなかったら、このコンテンツを最後まで読むことに関して苦痛を感じてしまうかもしれません。

少なくとも、僕は耐えられないと思います。

これって、子供も全く同じなんですよね。宿題だからという理由で興味がない事を無理やり押し付けても、結局は読書感想文の苦手意識が加速するだけなんです。

全くもって子供のためになりません。

だから、読書感想文は『本選び』が一番大切になるのです。

親が本を選んでもいけないし、家にある本を選んでもいけません。

親のあなたが上手に質問して、子供が興味ある本を自然に選ばせてあげる事が最初のスタートなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました