おしゃべりライティング9Step

おしゃべりライティング9Step

【Step.9】書き終えた読書感想文を2〜3日後に読み直して修正する

Step8で少しお話ししたように、一番やってはいけないのは、子供が頑張って読書感想文を書き上げてすぐダメ出しをする事です。 これをやってしまっては、せっかく頑張って読書感想文を書き上げた苦労が水の泡となってしまう可能性があります。 ...
おしゃべりライティング9Step

【Step.8】読書感想文を書き終えた事を全力で褒めてあげる

読書感想文を書き終えた後に、読み返して誤字脱字などをチェックするのが一般的だと思います。 でも、これだけは絶対にやってはいけないので注意してください。 というのも、せっかく書き終えたのにダメ出しされたら、誰だって良い気分にはなり...
おしゃべりライティング9Step

【Step.7】読書感想文の『まとめ』に読んだ本の感想を書く

読書感想文を書くのであれば、やっぱり締めは大切です。 締めがない文章じゃ味気ないですよね。ここでは、おしゃべりしながら締めくくる方法をご紹介させて頂きます。 ここまで実践すれば、読書感想文はひとまず終了ですのでラストスパートです...
おしゃべりライティング9Step

【Step.6】小学生でも簡単!読書感想文の文字数が足りない時の書き方テクニック

STEP5まで書ければ、ほぼほぼ読書感想文を書き上げている状態ですが、それだけでは人によっては文字が足りない事もあります。 読書感想文って、文字指定がネックなんです。400文字の原稿用紙2枚とか3枚とか指定があるから、無理やり文字数を...
おしゃべりライティング9Step

【Step.5】本の主人公に自分を当てはめて読書感想文を書く

Step4で主人公の心情の変化をあらすじで簡単に書く作業をしました。 ただ、あらすじで終わってしまうのは非常にもったいないです。主人公の気持ちに変化があった事を自分の経験と紐付ける作業を行なっていきましょう。 こちらも、簡単なお...
おしゃべりライティング9Step

【Step.4】本の主人公の心情の変化をあらすじを読書感想文として書く

Step3で読書感想文の物語を作成しましたが、それだけだと最初から最後まで本を読んだ子供が報われません。 ですので、このステップからは本の内容を書いていきます。と言っても全く難しくありません。 小学生の児童書の場合は、必ずと言っ...
おしゃべりライティング9Step

【Step.3】読書感想文の物語に繋げてオリジナル感を強化する

ここで、本の内容よりも大切な『読書感想文の物語』を作り上げる5つの質問に話を繋げてあげます。 読書感想文の物語を作ることで、誰のものでもない『あなたの子供のオリジナル作品』を作り上げることが出来るようになります。 また、お母さん...
おしゃべりライティング9Step

【Step.2】選んだ会話文が、なぜ印象的だったのか文章にする

【Step.1】最も印象的だった部分を1個選んで冒頭に記載するを確認する。 Step.1で選んだ会話文が、なんで印象的だったのかを文章にします。 ☆おしゃべりポイント どうしてそれを選んだの? 選んだ...
おしゃべりライティング9Step

【Step.1】マーカーした「会話」の中で最も印象的な1個を選んで冒頭に記載

【質問4】会話にマーカーを付けながら一緒に読んでみよっか?の項目で「」の会話部分に付けたマーカーをもう一度読み返してみましょう。 その際に、(できればインパクトを受けた項目を)3つくらいリストアップします。もしも、難しかったら好きな会...
おしゃべりライティング9Step

読書嫌いでもスラスラ書ける!親子で読書感想文を楽しむ『おしゃべりライティング』

お子さんが読書を完了したら、いよいよ読書感想文のスタートです。 ただ、書き方のわからない子供に、いきなり読書感想文を書けといっても気の毒ですよね。そこで、『おしゃべりライティング』のスキルを使っていきましょう。 おしゃべりライテ...
タイトルとURLをコピーしました