トップページ

テスト

テスト

テスト

『読書量に応じて知識が増えて、知識量に応じて人生が豊かになる』ってことは誰でも知っていますよね。

それにも関わらず、子供の活字離れが加速しています。これって、本を読まない子供が悪い訳じゃないと思います。

『本が嫌いになる環境』がそうさせているんだと思います。この、子供の活字離れの原因の1つに読書感想文の宿題があります。

子供の頃に嫌々本を読んで、無理やり読書感想文を書かされれば、『読書』に抵抗感を覚えるのは自然のことですよね。

学校教育で、知らず知らずのうちに読書嫌いが加速してしまっているという悲しい結末です。

そこで、読書嫌いを克服するためにも、読書に楽しみを感じてもらおうというのが『おしゃべりライティング』になります。

まるで家族で日常会話を楽しむように、おしゃべりすれば読書感想文が出来上がってしまうんです。

もちろん、これには親のあなたの協力が必要不可欠ですが、小学校6年間で『読書感想文が簡単に書ける』と子供が感じてくれるなら、中学・高校・大学に入っても読書で苦労する事はありません。

そればかりか、子供の言語力や理解力が増し、学校の成績が大きく向上するという大きな可能性すら秘めているのです。

是非とも、希望に満ち溢れた子供の未来の第一歩として『おしゃべりライティング』を実践して頂けたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました